プロフィール

芋兎

Author:芋兎
↑お名前変えたよ
ネトゲとかで見かけてもほくそ笑むだけにしてね

芋毛と脱兎に居座ってるよ
珍獣は可愛いなぁ

「」っしーはフリーリンクだよ

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
アドセンス
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
ゲームの面白さって何ぞや
脱兎にてハード性能とソフトの面白さは比例するかどうかってスレが
ぶっちゃけ比例すると思うんだけど…

以下長くてキモい戯言


昔に比べてハードの性能が上がったことで開発側の苦労がとんでもないことになってるってことだよね
ハードは作ってしまえば後は量産すればいいけど
ソフトは新しいものをどんどん作っていかないといけない
しかも最近のハードでは開発費も馬鹿にならないからソフトも沢山作れないだろうし…

開発側としては開発費<売上げにしたいから自然に開発費は少なくなるわけで
そうするとやっぱり凄い物を作るのは難しくなるわけで
となるとやっぱり開発費を抑えても面白いアイデア重視の物を開発したく…なるのかな?

まぁその辺りハード性能を抑えて新機能を重視した任天堂は流石と言わざるを得ない

グラフィックは別にどうでもいいんよ…
力入れたムービー見せたいからムービー飛ばせないとかねー
グラフィック処理でロードが長くなるとかねー
マジ勘弁

あと最近多い焼き直しとかね…
追加要素とか新キャラクターとか新データとか…
追加ディスクならまだ許せる多少安いしねー
でも本当に「新作」として出すのはいかがなものか…と
毎年毎年同じようなシステムでデータぐらいしか入れかえないとか…
しかも前作に入ってたデータを削除してるとか…
本筋よりおまけの方に力入れてるとか…
阪神が優遇されてるとか…

まとめると本体の売上げがソフトの売上げを引っ張るんじゃなくて
ソフトの売上げが本体の売上げを引っ張るんよ
まとまってない
まぁいいか
ゲーム | 【2007-09-01(Sat) 15:10:16】 | Trackback:(0) | コメント:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

現在の時刻


あかり小屋さんから拝借
リンク
リンクはこちらにまとめました
管理者ページ
カウンター
箱○カード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。